ホーム お知らせ 製  品 孵化方法 サイトマップ ご注文 業務用見積 会社概要 リンク



ブラインシュリンプとブラインシュリンプエッグ

一般にブラインシュリンプとして知られるアルテミアは世界中の塩水湖、塩水池に広く生息する小さな甲殻類です。日本ではアメリカユタ州のグレートソルトレークのものが良く知られています。この小さなエビは1.5cm位にまで育ち、4月から9月の間グレートソルトレークの水中にかなり多くみられます。

秋になって、水温が下がるとこのエビは死んでしまいますが、その前に無数の卵(耐久卵)を産みます。この卵は次のシーズンに孵化するまで湖の表面に浮かんでいます。

この卵がブラインシュリンプエッグで、わずか24時間で孵化させられるなど、その利便性と高栄養から、商業的に水産業でエビや魚の稚魚段階での飼料源として世界に広く販売されております。また熱帯魚や観賞魚の栄養素豊富な飼料としてまた美しい色揚げにと、愛好家には広く使用されてiいます。


ブラインシュリンプエッグ
(20倍実体顕微鏡写真)
ブラインシュリンプ
孵化後24時間
(20倍実体顕微鏡写真)






別の説明はーYahooのencyclopediaより抜粋
    トップページに戻る

                               閉じる